ブログ

えごま油は使い方によっては体にマイナス!

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。
前回のお話でえごま油の話をしました。この商品は非常にデリケートな商品になってまして、熱を加えると
有害物質を発生させます。ですので、炒め物などや揚げ物などに使ってしまうと体にかえって良くないのです。
えごま油は生で摂取しましょう。できるならスプーン1杯を目安に毎日摂取するとよいとされています。
料理に使うなら、ドレッシングとして。デザートで使用するならヨーグルトなどに混ぜればお子様でも気が付かずに
召し上がれるのではないでしょうか?
ではまた!
魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525

とは言っても紫蘇はそんなに食べれない?

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。
花粉症には紫蘇が良いとされていますが、なかなかたくさんを摂取するのは大変です。
そこで、もっと手軽に取れるものとしてえごま油がおすすめです。
紫蘇とえごまってすごく似てますが、ちょっと違います。このえごまの種からとったものがえごま油になる
のですが、この中にαリノレン酸という成分がたくさん入ってます。
この成分が花粉症に良いとされています。
これだったら毎日スプーン1杯程度ぐらいは簡単に摂取できますね。
いろんな健康面に役立ちますので、ぜひ試してみてください。
ではまた!
魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525

花粉症には紫蘇が効く!

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。
花粉症に効く食べ物として紫蘇も良いとされています。
紫蘇って家庭ではそんなにたくさん利用することがないと思います。ちょっとした薬味程度ですよね?
でも、そのちょっとの量でも紫蘇って、とっても栄養価が高いものなのです。
葉に含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸には炎症を抑える力があります。
しかし、そうは言ってもたくさん食べるにこしたことがないのもまたしかりです。
手軽である程度量を食べたい方は「紫蘇ご飯」などいかがでしょうか?
アツアツ炊き立てのご飯に刻んだ紫蘇と炒り胡麻を混ぜただけでもとても美味しいです。
更に美味しくするにはジャコと刻んだ梅を入れましょう!梅は個人的にカリカリ梅が触感があって好きです。
ではまた!
魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525

ポリフェノールが花粉症に効く?

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。
花粉症に効く食べ物といわれているものの多くに共通する成分がポリフェノールです。
ポリフェノールは種類ごとにそれぞれの効用をもっていますが、共通しているのは強い抗酸化作用があることです。
ポリフェノールの主な効用としては、老化やさまざまな健康を害する原因といわれている活性酸素を除去する働きがあります。
今の旬な食材で、どんなものがあるでしょうか?
牛蒡、大根、人参などが身近ですね。
それぞれにいろんな良い成分がありますので、組み合わせて取るとよいと思います。
今日の晩御飯に上記の食材を使ったけんちん汁、または味噌汁などいかがでしょうか?
ではまた!
魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525

花粉症と食べ物の関係

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。

花粉症の季節です。中国では昔から医食同源という言葉があるように、食べ物と病気には密接な関係があります。

まず、花粉症対策には栄養バランスを整えることが大切です。

偏った栄養・食事では、代謝が上手く行われず、免疫機能に影響が出ます。

食品添加物などが増え、肉食を中心とした欧米的な食生活なども花粉症患者の増加原因ではないのかといわれています。

健康でバランスのとれた食事を心がけることが大事です。

続編ブログとして次回はどんな食事がよいか少しずつ紹介していきたいと思います。

ではまた!

魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525


あさりは蓋が全部開くまで火にかける?

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。

あさり調理法の続編です。

あさりに火を通す時、蓋が全部開くまで火を通す方が多いのではないでしょうか?

これ、ちょっとだけもったいないです。

あさりは火にかけるだけ縮んで身が固くなります。いかにちょうどよく火を通すかがポイントです。

例えば、あさりを味噌汁の中に入れてぐつぐつして貝がひとつでも開いたら、後は火をとめて蓋をしましょう。

余熱で蒸らすだけで十分です。しばらくすると貝が順番に開きますよ。

ぜひやってみてください。

ではまた!

魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525


あさりに火を通してから味噌を入れるのはもったいない?

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。

前回のお話で貝の砂抜きのお話をしましたが、それを活用した上手なあさりの味噌汁の作り方があります。

皆さん、お湯を沸かしてアサリを入れてから味噌を溶かしてないでしょうか?

このやり方、ちょっともったいないです!

アサリを先に茹でてから味噌を溶かすまでの間、貝に火が入りすぎてしまします。

せっかく美味しい貝なのに身が縮まって固くなってしまいます。

ですので、先に味噌を溶かしてから貝がパカッと蓋を開いたら火を止めて完成です。

参考になりましたでしょうか?

ではまた!

魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525


あさりの上手な砂抜き方法

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。

桃の節句でハマグリ食べましたか?美味しいですよね。吸い物、焼き物もいいですし、混ぜご飯とかもいいですね。

今回はそんな美味しい貝の下ごしらえについて。

ものはあさりとしていますが、はまぐりでもしじみでも共通のことと思ってください。

まずは、砂抜き。砂抜きしているものもありますが、中に残っている可能性があるのでご自宅でも砂抜きをおすすめします。

あさりなどの貝は基本、日の光にさらされているうちは貝の中に隠れています。光に届かない場所または夜などに活発になるようです。

ですので、砂抜きをするときは「暗くすること」。新聞紙などを上にかぶせて冷蔵庫にしまうといいですね。

後は2時間も待てば大丈夫。

※この時、吐いた砂をまた取り込まないようにザルを一枚間にはさんでください。

ではまた!

魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525


本日は桃の節句です。

こんにちは!
練馬で仕出し・弁当をお届けする魚伊三です。

桃の節句と言えば、雛人形・ひなあられ・はまぐり・ひし餅などいろいろ思い浮かべるものは多いと思います。
その中で食に関する話題で「どうしてひな祭りにハマグリ?」に関してお答えしたいと思います。

ハマグリは2枚の貝がぴったりと合い対なっている為、他の貝殻とは絶対に合いません。
このことから相性の良い相手と結婚し、一生仲良く暮らせるようにという意味で食されています。

本日はご家庭で蛤料理の意味を踏まえながらお祝いしてみてはいかがでしょうか?

ではまた!

魚伊三株式会社
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-28-5
TEL:03-6904-7525